看護師 疲れた 辞めたい

看護師が疲れた、辞めたいと思った時にお勧めの、5つの脱出法

ナースではたらこ

看護師に疲れた辞めたい時の5つの脱出法

看護師の仕事は精神的にも肉体的にも大変ハードな職業です。
ですから看護師が疲れた、辞めたいと思う事も珍しくありません。

 

いつかは楽になると願いつつ、がむしゃらで疲れる新人看護師世代。責任が重くなって、別の意味で疲れる中堅世代。体力もなくなるし、下の面倒ばかりでちっとも報われず、疲れるベテラン看護師世代。いつの世代にも、その世代なりに、看護師が疲れた、辞めたいと思ってしまう原因があるのです。

 

看護師の仕事のやりがいが、疲れを上回っていればいいのですが、なかなかそうはいかないもの。疲ればかりが先に立ってしまっては、気分も落ち込む一方ですよね。看護師に疲れた辞めたい時の5つの脱出法を紹介します。

 

 

1.なにがなんでも、休暇を取る!

「少し疲れたな」程度で、症状がまだ軽いうちに、とにかく日常の看護師仕事から離れることです。休みをかき集めて、可能な限り長い休みを取っちゃいましょう。

 

そのとき大切なのは、人の迷惑は考えないようにすることです。「この休みがなければ、私は疲れきって辞めてしまう。そのほうが迷惑なはず!」と自分に言い聞かせると、気持ちが楽になり、長い休みも取りやすくなります。

 

1-1.これを機会に、自分のツラさを知ってもらおう!

とはいえ、文句を言う管理者もいます。そんな時こそ、逆にチャンス!普段自分がどれだけ頑張っていて、どれだけ疲れていて、この休みがなければ退職を考えていることも、伝えましょう。自分の状況を上司に知ってもらうことも、看護師として疲れてしまった時にはとても大切です。

 

無事、休みが取れたら、旅行でも家で休むでも、看護師の仕事とは全く関係ないことをして、過ごしましょう。買い物なんかでストレス発散もいいですね。少し日々の看護師仕事から離れることで、「この休みが終わったら、また仕事に行こう」と、思えることです。頑張ろう!ほどではなくても、少しは疲れがリフレッシュされ、仕事に前向きに向き合えるようになると、いいですね

 

2.新しい観点を求めて、研修に参加する

看護師の仕事で疲れているのに、また研修!?と思われるかもしれませんが、志あって看護師になったのも事実です。日々の仕事に疲れていても、研修会に参加すると、否が応でも、やる気が高まってしまうものです。

 

普段、追いまくられて、看護師の仕事と言えるかもわからない些末な仕事に埋もれている人でも、興味のある看護師関係の研修会に1日どっぷり参加すると、「こんな着眼点もあったんだ!」と、疲れていたはずの自分の看護師としての仕事を、新しい観点で見られるようになります。

 

2-1.研修会は星の数ほど。情報収集がカギ。

研修会は高額なこともありますが、病院から補助が出たり、看護協会の会員だったりすると、安く出席できることもあります。いろいろな看護師の研修会の情報を集め、以前から興味のあった分野の研修会に、思い切って参加してみましょう。

 

研修会は、開催するほうも、話すほうもプロです。興味があって自分が選んだテーマの研修会なら、疲れて凝り固まった思考回路を柔らかくし、きっと明日へのやる気の糧をくれるはずです。

 

3.ダメもとで・・・異動願いを出す

休みを取っても、看護師としての刺激を研修会でもらっても、それでもやる気が底を尽きてしまい、疲れ切ってしまった時は、時期を構わず異動願いを出しましょう。

 

たいていの職場は、面接の時期が決まっていたり、異動願いなどスタッフから管理者へ自分の意思を伝える期間は限られています。けれど、そんな年1回の機会に頼ってはいられません。いつでもいいから、師長を捕まえて、「もう限界なので、異動したい」ということを伝えましょう。

 

その場で、「だったら、こうしましょう」と師長のほうから状況を変えてもらえるなら、それでOK。看護師という職業を選ぶ人たちは、自覚のアルナシに関わらず、自己犠牲精神に富んだ人たちが非常に多いのです。

 

そして、師長や主任と名のつく、看護師を管理する人たちは、どんなにこちらが疲れて、追い込まれていても、見ないふりです。はっきり言われないと、「本人から疲れたとかは言われていないので、大丈夫です。」という人種ばかりです。

 

3-1.異動すると、知り合いが増えて便利

異動のメリットは、同じ施設内に、知り合いが増えることです。「そんなこと・・・」と思うかもしれませんが、特に大きな施設の場合、1つの部署で知り合った人は、それぞれがいろいろな部署に異動をします。結果、いろいろな部署に知り合いが増えることは、その施設でのキャリア+3年分ぐらいの価値があります。先輩の話に「あ、その人、知ってます知ってます。」と入っていけるだけで、現場ではやりやすくなるものです。

 

異動願いを出して、異動ができれば、万々歳。できなくても、自分の状況をまず知ってもらうこと。「いまの状況にすっかり疲れてしまった。ほかの部署に異動したいです。」その一言で、自分から状況を変えないと、変わらないことばかりです。

 

4.いいとこあるかな?転職先を探す

それでも異動希望が通らないとき、ネットで転職先を探し始めるのも手です。じっさいに転職するかどうかは別として、インターネットには、看護師の転職先があふれています。いろいろな看護師の求人情報を見ることで、疲れ切ってしまった今の職場の状況を、客観的に見ることもできます。

 

4-1.看護師の仕事は、可能性の宝庫

看護師に疲れた・・・と言っても、看護師の仕事には、さまざまなジャンルがあります。病棟勤務、外来勤務、クリニック、介護施設や、企業看護師としての仕事まで、同じ看護師の資格でできる仕事とは思えないほど、多様な仕事があります。また、どの仕事でも共通して、一般企業よりも高い平均年収を期待することができます。

 

普段の仕事で見ている、限られた看護師の仕事の世界だけでなく、ひろい可能性をインターネットで垣間見ることで、「看護師に疲れた・・・」だけでなく、「看護師の仕事も捨てたもんじゃないな」と思い直すことができますね。

 

5.転職サイトに登録する

転職したいかはわからない。新しい環境に自ら飛び込む勇気はない。けれど、今の看護師の仕事にはもう疲れてしまったし、その状況をこれ以上変えることはできない。そう思うときは、いっそ看護師の転職サイトに登録してしまうこともお勧めです。

 

5-1.転職サイトに登録してからの流れ

看護師の転職支援サイトに登録すると、たいていの場合、専任の担当者が決まります。その担当者から連絡があり、転職するにあたり、重視したい条件について聞かれます。その時に、正直に「今すぐ転職するつもりはないが、今の職場に疲れてしまった」と話してしまって、大丈夫です。

 

看護師の転職支援サイトの担当者も、次の病院を探して再就職しても、続かなければ病院からの評判を落としてしまいます。また、転職する気がないものを強引に面接などに持って行っても、利用者である看護師からの評判が落ちてしまいます。優良な転職支援サイトの担当者は、登録した看護師の希望に沿った転職を、登録した看護師のペースに合わせてサポートしてくれるのです。

 

看護師の転職支援サイトの担当者に、今の状況を話すことで、担当者のほうから、今の状況を繰り返すことのない、転職先を提案してもらえます。そういう意味では、転職支援サイトの担当者は、今の状況に関して、友人よりも、上司よりも、実際的な解決策を提案してくれる相談相手、ともいえるのです。

 

5-2.転職、退職を決める前に登録もOK

転職するかどうかわからなくても、転職支援サイトに登録することはできます。転職サポートのプロともいえる、担当者と条件の調整をして、良い転職先が見つかったら、現職場に退職を伝える、という順序でも、まったく問題ありません。

 

ただ漠然と「看護師に疲れたから辞めたい」と、退職を言い出しても、慰留されたり、退職の意思そのものを否定されたりしてしまうことが、人手不足が常態になっている看護師の世界では、よくあることです。けれど、あらかじめ次が決まっていれば、強い意志を持って退職したい旨を伝えることをできますね。

 

6.まとめ

看護師の仕事は、命を扱う緊張感のある仕事であり、女社会であり、勤務体系の複雑な、心身ともに負担がかかり、疲れやすい職業です。

 

けれど同時に、看護師という1つの資格で、さまざまな業務に挑戦できる、便利な仕事でもあるのです。今の仕事に疲れてしまっても、看護師の幅広い可能性を信じて、大きな一歩を踏み出してみましょう。

ナースではたらこ

関連ページ

看護師のやりがい・やる気を取り戻す5つの方法
看護師のやりがい、やる気を取り戻す5つの脱出法を経験10年目看護師が綴ります。看護師を続ける為にはやりがい、やる気を持ち続ける事が必要です。看護師の仕事にやる気がでない時、モチベーション回復にどうぞ。

ホーム RSS購読 サイトマップ