看護師ブランクで復職が不安なあなたへ

看護師ブランクで復職が不安なあなたへ

ナースではたらこ

看護師ブランクで復職が不安な方へ

復職や再就職を考えている方の中でも、様々な方がいらっしゃいます。
前職を辞めてすぐの方やブランクのある方などいろいろなパターンがあると思います。
復職にしても再就職にしても悩みはほとんど同じではないでしょうか。
この悩みを解消して、少しでも多くの方が、また看護師として働いて欲しいと思います。

 

離職している看護師を潜在看護師というのですが、その潜在看護師は全国で70万人以上いると言われています。
日本では、看護師不足に悩まされているため、常にどこも看護師の人手不足に頭を抱えている職場が多いのです。

 

現在は、高齢社会ですが今後超高齢化社会になると言われているため、施設や病院では看護師のニーズがさらに高まります。
1人でも多くの看護師が復帰することで、多くの方を助けることができるのです。

 

復職しようか迷っているけど、どうやって再就職すれば良いのか解らず困っている方もいらっしゃるかと思います。
そんな潜在看護師の方たちがスムーズに復職できるような提案ができればと思っています。

 

復職するにあたって不安要素を考える

 

復職しようか迷っているけど、なかなか前に進めないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?その理由は、復職への不安を抱えているからです。
復職前に不安要素を洗い出しできるだけ解決しておきましょう。

 

看護師ブランクが不安

復職するにあたって、一番多い不安が看護師ブランクです。ブランクの期間が長ければ長いほど、仕事ができるのか不安になるものです。

 

手技を覚えているのか?うまく患者と関わることができるのか?自分の頭にある知識が通用するのか?と様々な不安な要素があります。

 

このような不安を抱えるブランク看護師の方が、少しでも不安を解消して復職する方法は、まず、ブランクありの職場を探すことです。

 

ブランク可能の職場の場合、プリセプター制度やフォローアップ体制が整っている職場が多いです。

 

研修では、看護技術以外にもカルテの使用方法も説明してくれます。紙カルテしか使用したことがないのに、電子カルテを使えと言われても全く操作方法がわかりませんよね。ですが、フォローアップ体制が整っている職場なら研修をしてくれるので安心してください。

 

もしも、このような体制が整っていない場合には、復職前にブランクを埋める為の研修や看護師の復職支援を利用することをお勧めします。

 

この研修や復職支援は就職先に関わらず、病院や看護協会が主催で行っています。
日本看護協会の復職支援情報ページ

 

ブランクを埋めるための研修や復職支援はバイタル測定や記録の書き方など、基本的なことから、注射や採血などの処置や心電図モニターやポンプなどの機械関係の手技を丁寧に説明してもらうことができます。

 

このような研修を受けることで、少しずつ昔の勘を取り戻すことができます。

 

体力が持つか不安

もう1つ復職するにあたり不安なのが、体力的がもつかということです。
看護師の仕事は体力のいる仕事です。体力に自信がない方の場合、労働時間の短い職場や夜勤なしの職場を探してみてはいかがですか?

 

看護師の仕事は、様々な勤務スタイルを自分で選ぶことができる仕事です。
これは、看護師の資格を持っている特権ですよね。
正規社員であっても、時短勤務や日勤常勤として働くこともできます。

 

家庭と両立できるのか

 

復職することを考えている方の多くが、主婦であったり母親であったりと、家庭を抱えています。親を介護している場合もあるでしょう。
家庭と仕事の両立をするのはとても大変です。

 

実家や家族の協力が得られるならそれに越したことはありませんがそれが期待できない場合は全部自分でやらなければなりません。

 

家や保育所の近くの職場を選んだり、大きな病院だと保育所が併設されているところもありますのでそういうところに就職するのも良い方法です。

 

また、時短勤務や日勤常勤、パートなど自分の生活に合わせた勤務形態を選んだり、人数に余裕があって急な欠員にある程度柔軟に対応してくれる職場を選ぶ事も必要です。

 

自分のキャリアの棚卸をする

 

復職や再就職するにあたって、大切なのは自分のキャリアを見つめ直すことです。
以前は、どのような職場で何をやってきたのか?自分はどのようなことが得意なのか?といったことです。

 

ブランクの期間が長ければ長いほど、以前はどんな仕事内容をしていたか記憶が薄くなっていますよね。
ですが、これを思いだし、自分のキャリアの棚卸をきちんとして把握しておくことが復職や再就職するにあたってとても大切なのです。

 

なぜ、こんなことが必要なのか?と思いますよね。
それは、自分のできることとできないことを明確にする為です。

 

看護師ブランク長くなれば、技術や知識を忘れてしまったという方も少なくありません。
しかし、1度身につけていた技術は、仕事に復帰することで少しずつ蘇ってくるものです。

 

例えば、仕事をやめる前に療養型の病床で勤務経験がある方が、復職後ICUに復帰したらどうなりますか?
ICUでの知識や技術が全くないため、何をしていいのか全くわかりませんよね。
経験したこともないことばかりなので、新たに覚えていかなければならない事ばかりです。

 

けれど、以前ICUの勤務経験があればどうでしょう。復職するまでは不安かもしれませんが、少しずつ勘を取り戻し、「あー。こんなことしてたな」と体が勝手に動くようになるのです。
もちろん、医療は日々進歩しているので、機械の使い方や薬の種類や主義の方法は多少なりとも変わっていると思います。
ですが、看護の基本は一緒なのです。

 

今までやってきた仕事内容や得意な分野が明確になることで、自分のウリは何かが必然的にわかってくるので、どのような職場で働きたいのかもはっきりするのではないでしょうか。

 

復職や再就職に求める条件を決める

復職や再就職を成功するために大切な事は、就職先に求める条件をきちんと自分で決めて優先順位をつける事です。
失敗しないためにも、妥協できる事と絶対譲れない事を決めなければいけません。

 

働けたらどこでもいいわ!とか、これぐらいなら我慢しようという感じで就職先を決めてしまうと、こんなはずじゃなかったと思う事が多いものです。
では、どのようなことを条件にあげればいいのでしょうか?

 

通勤方法や時間

1つ目は、通勤方法や時間です。
まずは、自宅からどの交通手段を使ってどれくらいで通えるのかを決めます。
自転車で15分圏内や車で30分や電車と徒歩で1時間など人によって違ってきます。通勤時間が長くても気にならないという方もいますが、小さな子供を育てながら仕事をする場合は短い方がお勧めです。
その理由は、保育園や学校への急な呼び出しに対してもすぐに迎えに行くことができますし、仕事が終われば、すぐに家に帰り、家事をすることができるからです。

 

給与

2つ目は、給与です。
日勤常勤か、夜勤も行うのかなどの勤務スタイルや、病院や施設といった職場などによって給料の相場は違ってきます。
自分自身がどのような職場で最低いくら欲しいのかをある程度決めておいてください。

 

でも、どれくらいの金額を提示すればいのか解らないという方もいますよね。
看護師ブランクの年数によって給料の違いも出てきますが、相場を調べてから条件を提示することで、的外れな金額にならないと思います。

 

仕事内容

3つ目は、仕事内容です。
自分はどのような業務をしたいのかは、必ず決めておくべきです。希望がなければ、人手の少ない職場に配属になる可能性があります。
今まで、療養病棟でしか勤務経験がないにも関わらずICUへの配属となることもあります。
今まで経験したことのない分野であっても構わないという方は問題ありませんが、自分のやりたい分野がある場合には、必ず自分の希望を伝えてください。

 

その他の条件

4つめは、これらの条件以外にも、自分の希望があれば明確にしておいてください。
例えば、小さな子供がいる方が看護師に復職、再就職する場合には子育てとの両立も考えなければなりません。

 

その場合、子育てに理解のある職場であるのか、託児所ありなのか、保育所や実家までの距離や場所であったり、労働時間や勤務する時間帯、夜勤の有無や土日休みかといったことを条件にした方がいいと思います。

 

これらの条件は人によって違います。ですので、もちろん優先順位も変わってきます。
条件のなかで絶対に譲れない条件を明確にすることで、就職後に「こんなはずではなかった」と思わなくて済むのです。

 

私の場合、子供が2人いるのですが、再就職先の条件が自宅から15分圏内であることと、子育てに理解のある職場というのが条件でした。
この子育てに理解のある職場の内容としては、子供の行事には参加したいため、月に2回程度は希望の休みが欲しいということと、子供の病気や怪我をした場合には早退や欠勤をすることがあるという内容でした。
この2つの条件だけは譲れませんでした。看護師求人サイトを利用して再就職活動を行なったのですが、この2つの条件に合致した職場を紹介してくれました。

 

私自身、この条件であれば病院か施設の職場を紹介してもらうのだろうと思っていたのですが、紹介してもらったのは内科クリニックでした。
クリニックで働くことは、想定外だったため、紹介してもらった時は正直驚きました。ですが、せっかく紹介してもらえたし、なにより希望の条件と合っていたので試しに働いてみることにしました。

 

働き始めて1年経ったのですが、再就職して本当によかったと思っています。やはり、条件に合った職場で働くことが再就職や復職する成功の秘訣だということがわかりました。

 

4.看護師求人サイトを利用する
復職や再就職しようと思い、自分自身で色々条件を決めたものの、なかなか職場が見つからない方や、見つけられないかたもいらっしゃいますよね。
ハローワークにいったり、広告をみたり、自分でインターネットで検索したけど、自分の条件にマッチした職場を見つけることはとても大変です。

 

では、どのようにすれば転職や再就職先を見つけることができるのか?それは、看護師求人サイトを利用することです。
看護師求人サイトを勧められても不安に思う方も多いですよね。お金がかかるのでは?とか、自分の条件にあった職場ではなく、就職先を斡旋して紹介されるのでは?と不安に思う要素はたくさんあります。

 

ですが、実際に利用してみた方は、
「早く看護師転職サイトを利用しておけばよかった」とか
「こんなにスムーズに再就職できると思っていなかった」
「私の希望全て叶えてくれる職場をみつけてくれた」
・・といったように、看護師位転職サイトを利用したことで、プラスになった方がほとんどなのです。

 

なぜ、ここまで看護師転職サイトを利用することに対してマイナスな要因がないのか?と思いますよね。
まずは、無料で利用することができることです。登録する際も、職場を紹介してくれる際にも、そして、就職後も1円たりともお金を請求されることはありません。

 

また、担当のコンサルタントが希望の条件を聞いてくれ、その条件にあった職場やそれに近い職場を探してくれます。
提示されている給料面や勤務条件などとマッチしてない場合には、担当のコンサルタントが条件を交渉してくれます。

 

看護師転職サイトを利用するメリットは自分では聞きにくい事や言いにくい事も担当者が代わりに聞いてくれる事です。
第三者が間に入って交渉してくれるのは客観性も加わりますし、とても心強い支援ですね。

 

これ以外にも、ブランクのある方の場合には、復職支援の講習を紹介してくれたり、研修制度の整った職場を紹介していますし、復職に関する悩みも聞いてくれます。

 

復職や再就職に関する悩みを相談できる相手がいないという方も、多くが1人で悩み、そして解決の糸口を見出すことができず就職を断念してしまうという方もいらっしゃいます。
けれど、看護師転職サイトを利用し、コンサルタントに相談しアドバイスをもらうことで、悩みや不安を解消し一歩前に進むこともできるのです。

 

看護師転職サイトを利用してよかったと思う意見の中で多いのは、履歴書の書き方の指導や、面接対策を行ってくれることです。
履歴書の書き方や面接の方法は相談する相手もいないため、一人であっているのか迷いながらするといった方も多いと思います。
このような不安を解消してくれるのも看護師転職サイトを利用するメリットです。

 

復職や再就職をしたいけど、方法が解らない方や不安に思う方はぜひ看護師転職サイトを利用してみてください。

 

まとめ

看護師の方で、復職や再就職をしようか迷われている方はたくさんいると思います。
ですが、どのように職場を探せば良いのかわからないし、復職や再就職するのであれば失敗したくないと思いますよね。復職や再就職を成功する秘訣は、自分自身で就職先への条件と優先順位を決めることです。

 

また、自分で就職先を探す方法が解らないという方や不安という方は、看護師転職サイトを利用してみることをおすすめします。

 

看護師転職サイトを利用すれば担当者があなたの希望条件をしっかり聞いてくれます。
そして忙しいあなたの代わりに条件に合う職場を探し、交渉してくれ、更に履歴書の書き方や面接対策など就職活動に関するサポートまでしっかり行ってくれます。

 

きっと看護師転職サイトの担当者はあなたの強い味方になってくれることでしょう。

 

ナースではたらこ

関連ページ

看護師の復職/再就職 体験談
看護師の復職・再就職。看護師ブランクでも大丈夫?看護師ブランク有りで復職・再就職をした看護師の体験談。
看護師の再就職 ブランク有り!不安克服の方法
看護師の再就職ブランク有りの方へ不安克服の方法、転職成功の秘訣を経験10年目看護師がアドバイス。

ホーム RSS購読 サイトマップ